古常滑 山茶碗

古陶磁を見る時に、どうやって焼いたかが僕は一番気になることで、勝手に想像してみたりします。見るといってもほとんどは本からです。そして本当に見たいのは白黒だったりします、残念です。

この古常滑の山茶碗ですが、口元の煮えつきそうな緋色は、藁や籾殻があたっていて発色したもので、かなりの高温で焼いていると思います。(僕の備前では、おしり、下の方に強い赤色はよく出ます。)

なんで口元だけ?どうやってと思うのですが、碗を逆さか横にして焼いたのではと思っています。それなら、口縁の傷も納得がいきます。狙って焼いたのか、偶然そうなったのか、ただの蓋として焼いたのか、理由はわかりません。写真で見るだけですが、これは本当に美しいなと思う。そして山茶碗というのもなんて良い名前なんだ、と思う。